ベビー 布団 いらない

  • 2021年8月13日
  • 未分類

布団の王道の素材といえば木綿が多いと思います。何週間も綿布団を干さずにいると、水分をたっぷり含んでしまい、ジメジメジトジトして寝心地が悪くなり、カビや雑菌が繁殖しやすくなるのは容易に想像できると思います。部屋が狭いので、間隔は空けずにぴったりくっつけています。 ついでに、使わなくなっていたドレッサーは空き部屋に撤去しました。 ドレッサーをどかしてベビーベッドを置き、テレビを空き部屋に撤去しました。 リビングで使っていたベビーベッドがレンタル期限がきてちょうど返却してしまったので、寝室にあったものをリビングへ移動しました。 9カ月頃になると、寝ている間にも寝返りをするようになってきました。我が家も息子が成長するにつれて、「今はこれがベストかな」とごまかしつつ、9カ月が経ちました。真冬でも息子が起きることはなかったので、寒さ対策はできていたと思います。布団派はフレキシブルに対応できるからあまり悩まないみたいですが、簡単に移動ができないベッド派はけっこう悩むと思います。 2人で洗面所を使うと身動きが取りづらくてタイムロスになるので、私はここでメイクしてました。 しかも、なぜか息子は寝ている間に仰向けのまま上にズリズリと移動してしまい、頭がベッド柵にあたって泣きだす、ということが度々起こるように・息子が成長するにつれ、窮屈そうに・小学生 女の子 服

友だちに借りたベビーベッドは小さいサイズだったので、息子が身長70cmくらいに成長すると、窮屈そうにみえました。 2.2 息子が成長するにつれ、窮屈そうに・ という理由で、息子はひとりで布団に寝かせることにしました。新生児のうちは、窒息する心配があるから大人用の柔らかいベッドに一緒に寝るわけにはいきません。 ベビーベッドに限界を感じ、新たな寝方を考えることになりました。 この両方を塞いで、スースーしないようにしました。目覚ましだけで起きられるか不安でしたが、なきゃないで諦めもついて、なんとかなるもんですね・目覚まし時計の音だけじゃ起きれなくて、朝6時30分に電源が入るようにテレビのタイマーを設定していました。 しかし高層住宅が立ち並び、住宅が密集している現代において、日が入りにくい、ベランダが小さい、あるいはベランダすらないというご家庭もあるでしょう。吸湿性に優れている分、放湿性がそれほどない綿布団は、定期的に天日干ししないとため込んだ水分を吐き出すことができないわけです。 もし天日干しが難しい、布団乾燥機も用意できないのであれば綿布団を使うのも考えた方が良いかもしれません。

これでは布団が干せないということになり、布団乾燥機がないと綿布団を手入れすることは難しいですね。敷き布団は布団の中でも一番汗を吸う場所ですし、羊毛布団にするか、あるいは羊毛の敷き毛布、敷きパッドを使うと敷き布団が蒸れにくくなります。吸湿性に優れているため、湿気が多かったり、寝汗をたくさんかいても表面がさらさらとして快適な状態を保ってくれるわけです。 しかし四季があって高温多湿な環境の日本にあって、吸湿性の高い木綿はやはり日本の気候に合った布団素材であるといえるでしょう。化学繊維は汗をよく吸ってくれないため、蒸れてジトジトしますし、綿混紡であっても吸湿性に優れた綿素材の長所を消してしまっていると言わざるを得ません。布団が水分を吸い込んでしまうと余計にジメジメするのではと思われるかもしれませんが、吸湿性は快適な睡眠のために重要な布団の要素です。羊毛は寒暖差の激しい環境に対応できるよう、保温性の他、吸湿性、放湿性にも優れた素材です。 そのような方はやはり寝心地は劣る化学繊維の布団を使うか、あるいは吸湿性、放湿性、クッション性に優れた羊毛布団がおすすめです。

最近は羊毛布団を使う人をあまり見かけませんが、実は数ある素材の中でもお手入れが非常に楽な布団であるのをご存じでしょうか。最近の家って、24時間換気できる設計が義務付けられていて、けっこう空気の通り道があるんですよね。 あと、通気口を閉じて、ドアと床の隙間もクッションでふさぎました。 ドレッサーは朝のメイク用です。うちは2人とも家を出る時間がほぼ同じなので、朝の支度の時間が重なります。私が育休に入ったので、洗面所を使う時間が夫と重なることがなくなり、ドレッサーはいらなくなりました。 」とけっこう悩みました。夜中の授乳が多い新生児のうちは、パパだけ寝室を別にする家庭も多いみたいですが、私は「子育ては2人でするもの」という意識をもってほしかったので「パパも寝室は一緒」を貫きました! もしくは、私と夫のベッドの位置をずらして、ベビー布団を壁とベッドで囲ってしまう、とか。 しかし綿布団の短所を挙げるとすれば手入れが大変ということです。 フローリングに布団をそのまま敷くのは寒そうなので、断熱材としてジョイントマットを下に敷きました。木綿は確かに布団としての機能性に優れた素材ですが、現在はポリエステルを中心とした化学繊維を素材として使用した布団が増えてきています。 たまに夜中にお布団から落ちていることがあるので、柵が必要かもしれないと思い始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です