ベビー 布団 おすすめ

赤ちゃんの敷き布団が不要という方は、夜間はママやパパと一緒の布団で、昼寝のときは長座布団やマットを利用することが多いようです。夜間の睡眠の場合は、ママやパパもきちんと布団を敷いて一緒に寝られるので、赤ちゃんの布団がなくてもママの布団に一緒に寝かせることが出来ます。赤ちゃんの手足の発達とともに、睡眠中の体り動きも活発になりますので、ベビー用のミニ布団に寝かせると、知らない間に赤ちゃんの手足が布団がはみ出ていたり、体ごと布団の外に出ていることもよくあります。 お父さんとお母さんの間に赤ちゃんを寝かせると、何かあった時にも一々起きずにすぐ対応できます。生まれてすぐの頃は、授乳後に赤ちゃんをベビーベッドに寝かせていたものの、そのうち授乳しながら寝かせる添い乳の習慣がついてしまうことがあります。夜寝かせるときは添い乳し、そのまま添い寝したほうが断然楽。添い寝・添い乳を卒業するまでは、ママの布団に一緒に寝かせるというパターンでは、赤ちゃんの布団を他のもので代用しています。

添い寝・添い乳の習慣が付いた場合には、ベビー布団に寝かせるのは昼寝のときくらいで、あとはまったく必要ないということになります。肌布団と掛け布団、どちらを用意するかは、出産する季節によります。出産前にベビー布団を用意しておきたい方は、この点にもよく注意するようにしましょう。布団を用意するよりもコスト的にも安く済みます。市販のベビー布団セットには可愛いデザインや機能性に優れたものがたくさんあり、赤ちゃんを寝かせるのに最適という意見がある一方で、赤ちゃん用の布団を用意しておいたにも関わらず、あまり使用しなかったというママもいます。赤ちゃん用の敷き布団は厚みがあり固いので、畳やフローリングの床にシートやマットレス、あるいは座布団などを敷いて寝かせるよりも安心感があります。赤ちゃんの敷き布団が必要かどうかは、昼寝の際の赤ちゃんの寝かせ方とも大いに関係があります。不要と相反する意見があり、それぞれメリットとデメリットの両方があります。

ベビー 布団 ミニ赤ちゃんの布団は不要という意見について、その理由を見ていきましょう。 ミルクの吐き戻しや汗など、赤ちゃんの布団はとかく汚れがち。赤ちゃんがほとんど動かない時期は掛け布団のずれもあまり気になりませんが、月齢が進むにつれ、手足の動きが活発になり、掛け布団がずれてしまうことも多くなります。掛け布団が赤ちゃんの鼻や口を覆ってしまうのは非常に危険なこと。掛け布団は肌布団に比べると十分な保湿性を備えていますので、冬に最適。肌布団の場合には春、夏、秋と、冬以外の季節に使えます。肌布団は掛け布団に比べると薄く、軽い素材で出来ていますので、寒い冬には肌布団だけでは寒さを防ぐことは出来ません。赤ちゃんの月齢が上がってくると、寝返りを打つ仕草をみせるようになりますが、この際にも敷き布団や敷きパッドが柔らか過ぎると、赤ちゃんがうまく寝返りを打つことが出来ません。 もちろんベビーベッドであっても、敷き布団として二つ折りや三つ折りのマットレスを利用したり、バスタオルやタオルケットを掛け布団代わりに使っても差し支えありませんが、ベビー布団はベビーベッドにぴったりのサイズで出来ていますので安定感が感じられます。赤ちゃんの敷き布団は少し固いと感じられる程度のものを選ぶようにしましょう。 この点を考えると、簡単に洗濯しやすく、乾かしやすい小さなサイズの布団のほうが、家事に対するママの負担は少なくなります。

座布団の上にバスタオルやパッドを敷くだけですので準備も簡単、バスタオルであれば洗濯をするのも苦になりません。赤ちゃんは汗をかきやすいので、吸水性に富んだガーゼケットやタオルケットなら、赤ちゃんが快眠できる環境が簡単に整えられます。 あまり使う機会がなかったり、別のアイテムを買いなおしたりという金銭的な無駄はもちろんのこと、赤ちゃんの布団選びに失敗すると、赤ちゃんが快眠できる快適な環境を作ってあげることができません。赤ちゃんの健やかな健康のため、快適に過ごせる環境を作ってあげましょう。 ジュニア用布団とはベビー用布団よりも大きく、大人の布団のサイズよりも小さな布団で、年齢的には2歳から10歳頃の子供たちに最適です。赤ちゃん専用の布団は必要なのか、不要なのか?赤ちゃんの布団は必要かどうか考える前に、まずは赤ちゃんの寝具として相応しいのはどのようなものなのかを詳しく見てみましょう。赤ちゃんにとって快適且つ安全な寝具とはどのようなものかを長年にわたって追求してきた中で出来上がったものですので、赤ちゃんとママのニーズに的確に応えたものばかり。赤ちゃんを寝かせる寝具は常に清潔にしておきたいものですが、大人用の布団やシーツを頻繁に洗うことは容易ではありません。赤ちゃんを寝かせるために、昼間に大人の布団を敷くのは面倒で、場所を取ってしまいます。赤ちゃんの布団があれば、昼間寝かせるときやおむつ替えのときにも便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です