子ども 布団

  • 2021年8月13日
  • 未分類

適切な硬さと防湿性を備えたベビー敷布団の中にも、機能性の違いでいくつかの種類に分類できます。 ベビー敷布団の必要性と機能性の違いに着目し、おすすめの敷布団を解説します。 シャワーなどで洗い流せるタイプなので清潔に保ちやすく、2人目以降の子どもにも使えるでしょう。産まれたばかりの子どもは、1日の18時間以上を布団の中で過ごします。 その上で、使う期間や予算、機能性などライフスタイルに合わせて選んであげましょう。種類が多いため、様々な機能性を持った敷布団はもちろん、掛布団の種類も豊富なので好みに合わせて選びやすいです。 タイプ別におすすめのベビー敷布団を紹介します。 京都 西川 ベビー 布団 ミニタイプの固綿敷布団です。敷布団の適切な硬さは成長後の姿勢にも影響を及ぼします。子どもは生後1年間で身長が1.5倍と劇的に大きくなるため、多くの時間を過ごす敷布団が骨格成形に与える影響は大きいのです。産まれてから1年間は人生で成長するスピードが最も速い期間です。例えば背骨は産まれたときはC字型ですが、成長とともにS字型へと変化し成形されます。気温の変化に応じて上下を入れ替えることで、より快適に使えます。子供 服 女の子 おしゃれ

洗う手間が気にならないなら、防水シーツを使わずに利用できるので通気性が向上し快適に使えます。子どもの快適さを考えるのはもちろんですが、メンテナンスのしやすさや使用する期間など、それぞれのライフスタイルに合わせて考えると良いでしょう。日本国内で販売されているベビー敷布団には主に2種類の規格があり、それぞれで使用できる期間の目安に違いがあります。敷布団に適度な硬さがないと体が沈み込み、ゆがんだ状態で骨格が成形されてしまう可能性があります。赤ちゃんは頭が大きく、骨格は未発達でとても柔らかいものです。産まれたばかりの子どもは汗の分泌機能が未発達で体温調節が上手くできません。 また、汗が出てくる汗腺の数は子どもと大人で同じなので、体の面積に対して多くの汗が分泌されます。良質な眠りによって成長ホルモンが分泌され、子どもは成長していくのです。子どもの成長にもよりますが、2歳ころまでは十分使えます。 その中でも多くの時間を過ごす敷布団は、子どもの健やかな成長に大きく関わってきます。 サイズはもちろんですが、子どもがぐっすり眠れて成長を促すために必要な機能が備わっているのです。 だからこそ、子どもがぐっすり眠れる敷布団を選びたいものです。 1歳ころまで使えるタイプで、子どもにジャストフィットのサイズで余計なスペースを取りません。 が、子どもにとっては通気性が悪くなるので、ある程度の固さが必要です。

ベビーベッドのサイズも基本的にはこの2種類に合わせて作られているので、ベッドを利用する場合はサイズに合わせて敷布団を選ぶ必要があります。固綿タイプにも洗えるものがありますが、洗濯機には入らないため手洗いが必要です。 2つ折りの固綿タイプと違い折り畳めるので、洗濯機に入れて丸ごと洗濯もできます。 2つ折りできるタイプが多く、収納時もコンパクトに畳めます。 2つ折りできるので持ち運びや収納はもちろん、天日干しする場合も簡単です。 コンパクトなのでお手入れも簡単ですし、実家に帰省する際など持ち運びにも便利です。 いずれも洗濯機で丸ごと洗えるので、お手入れも簡単です。 1枚でお昼寝敷布団としても使えるので、保育園などに持っていく場合もかさばりません。丸ごと洗えるので、汗や吐き戻しなどで汚れても清潔に保てます。 いつも清潔に保ちたいママパパにはぴったりです。 この期間の子どもにとって寝心地の良い敷布団は大人とは異なるので、ママパパの感覚で選ばずにベビー専用の敷布団を用意するのが大切です。側生地に日本製ポリエステル綿を利用しているため、カバーを付けたままであれば手洗いができます。固綿敷布団は洗えないものが多いですが、速乾性に優れているので、丸ごと手洗いが可能です。

2枚組タイプなので、洗濯中も1枚残るので子どもを寝かせる場所に困りません。 2枚組タイプには、丸ごと洗濯機で洗えるタイプもあります。 2枚組タイプの洗える敷布団です。固綿タイプの洗えるベビー布団です。 ポリエステル素材は綿に比べて軽く撥水性も高いのでお手入れがしやすく、綿切れしないのでほこりが出ない点もベビー敷布団に向いています。 へたり難く通気性が良く防ダニ効果も高いテイジン社の特殊中綿を使用しています。赤ちゃんは睡眠中、大人の2~3倍の汗をかくといわれています。大人用の敷布団は体が沈み込んで密着することで保温性を高めているものもあります。 ベビー専用の敷布団は大人用とは違います。 また、汚れて洗っている間に敷布団がないという状況が発生しません。通気性が悪い敷布団だと、蒸れによるかぶれや布団自体にかびが発生してしまうこともあります。 そのため、透湿性を備えた敷布団でないとカビが発生しやすいのです。敷布団に限らず、マットレスや毛布など柔らかい素材に乗せて寝かせること自体、危険を伴うのです。寝返りができるようになったころは特に危険で、うつ伏せに転がっても自分で戻れない可能性があります。放湿しながら、寝床への浸透を防ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です