西川 ベビー 布団

独自加工によってより暖かく軽く、通気性もアップしています。自宅の洗濯機で丸洗いできるので、いつでも清潔な状態で使うことができます。防ダニ・抗菌消臭機能を備えているので、お子さんがアレルギーで悩んでいるなら、一度検討してみるといいでしょう。最近の布団は、家庭の洗濯機で洗えるウォッシャブル加工がされたものが増えてきています。軽くて上げ下げが楽な子供サイズの敷き布団。未就学の子供でも自分で上げ下げできるので、ママやパパの手間も省けるかもしれません。蒸れにくいため汗をかきやすい子供にぴったりです。赤ちゃんからキッズ時代までの間、快適に使える掛け布団を探しているなら、ふとんの羽々和の羽毛布団はいかがでしょうか。掛け布団を選ぶ際には、お手入れのしやすさやアレルギーの出にくさなども気になりますが、保温性や寝心地のよさがとても大切です。

まずは子ども用布団の選び方を知っておきましょう。子ども用布団にも大人用と同じように、大きく分けて掛け布団と敷き布団とがあります。同シリーズには敷き布団や枕もあり、ぜんぶ組み合わせた3点セットも販売しているので、まとめて購入するのもおすすめです。同シリーズからは、枕や掛け布団も出ているのでセットで揃えるのもおすすめです。抗菌より菌を減らす、制菌加工された敷き布団です。防ダニ・抗菌防臭加工が施され、長く清潔さを保つことができます。 カバーは自宅で洗濯でき、いつまでもずっと清潔に使えます。 ぐんぐん成長するお子さんには、清潔で快適な寝具を選んであげたいものです。 ベビー布団としてはやや大きく、キッズ布団としては少し小さめなサイズで、日々成長する身体を優しく包みます。底付き感のない敷き布団を選ぶなら、8㎝の厚みを目安にするとよいでしょう。

汗をかいても気持ちよく眠れるよう、高湿度では水分を吸収する吸湿性や、乾燥しているときは水分を放出する放湿性を大人のもの以上にこだわって布団を選びたいですね。暖かさが一番欲しい、真ん中部分にダウンが集まるよう工夫された羽毛布団。 へたりやすい衿元にたっぷり羽毛が詰められているのも魅力。羊毛や羽毛は、ポリエステル素材に比べて繊維そのものが多くの空気を含む性質を持っているため、抜群の保温性を誇ります。 ダウン独特の匂いがしないよう、素材がしっかり洗浄されているのもいいですね。 また、天然素材だけに独特の臭いが気になる場合も。素材に使われたウォシュロンはホコリも起きにくいので、アレルギーのお子さんも使いやすいでしょう。 マチ部分がメッシュ素材でできているので、通気性も優秀。 また、吸湿性や発散性もよいので、汗っかきのお子さんにはピッタリの素材。 さらに「ジータC加工」を施した側生地は、吸湿性&放湿性がより優れ、速乾性もあります。 ウールはそれだけでも吸湿性や放湿性に優れていますが、さらにスチーム&ドライ加工を施すことによって、ウール本来の力がより一層発揮されやすい状態となります。中綿がウールの場合は、「スチーム&ドライ加工」が施してあるものがよいでしょう。防ダニ・抗菌防臭の布団綿「マイティトップ2」を採用しているので、衛生的に使うことができます。

ぜひこの記事を参考に、最高に心地よい布団を見つけてくださいね。側生地には、やはり綿がおすすめ。側生地は綿がおすすめ!生地は綿100%で肌触りが良く、吸汗性も高いため暑い季節も快適です。 とっても軽量で肌触りがよく、春~秋にぴったり。肌に触れた感触も柔らかいですよ!布団を汚しても洗えると分かっていれば、やはり扱いやすいですね。 まず、布団全体的に見た選び方のポイントを押さえ、さらに掛け布団と敷き布団それぞれの観点からも選び方のポイントを確認していきます。中綿たっぷりで一年中使えるジュニアサイズの掛け布団。淡く描かれたアルファベット柄が可愛い、ふんわり軽い掛け布団。嫌なダニ・臭いを寄せ付けない、ボリューム満点な敷き布団。 ウール特有の臭いも軽減されるので、臭いに敏感なお子さんにも向いています。防臭・防ダニ機能を備えており、細菌の増殖を抑えてダニも寄せ付けません。中綿は抗菌・

キッズ 布団詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です