新生児 布団

へたり難く通気性が良く防ダニ効果も高いテイジン社の特殊中綿を使用しています。 ポリエステルの欠点である吸水性を補うため、綿を組み合わせたタイプもあります。 ポリエステル素材は綿に比べて軽く撥水性も高いのでお手入れがしやすく、綿切れしないのでほこりが出ない点もベビー敷布団に向いています。敷布団の適切な硬さは成長後の姿勢にも影響を及ぼします。子どもは生後1年間で身長が1.5倍と劇的に大きくなるため、多くの時間を過ごす敷布団が骨格成形に与える影響は大きいのです。日本国内で販売されているベビー敷布団には主に2種類の規格があり、それぞれで使用できる期間の目安に違いがあります。表面に凹凸がある独自のダブルウェーブ構造は空気を良く通すので蒸れ難く、一般的な敷布団よりも丈夫で長持ちします。気温の変化に応じて上下を入れ替えることで、より快適に使えます。