赤ちゃん 布団

京都 西川 ベビー 布団寝返りをするようになった赤ちゃんが使う布団は、軽めの素材で作られた掛け布団や大きめのサイズの敷き布団を用意するとよさそうです。寝返りがうてるようになったら万が一に備えて硬い布団を利用し、シーツは常にぴんと張る、枕は使わない、 ぬいぐるみやクッションなど顔をうずめやすいものを近くに置かないなどの注意を心がけましょう。大人用の敷布団は体が沈み込んで密着することで保温性を高めているものもあります。大人の布団を使うか、大人の布団とくっつけて、おちないようにするかーですかね。布団は湿気を吸いやすいため、早朝や夕方に干すと湿ってしまいます。 そうならないように、敷きっぱなしにしないで、定期的に干してください。 カビの原因になりますので、 乾燥した日を選び、しっかり乾くまで干してください。枕元に、窒息の原因になるものを置かない(ぬいぐるみ・ ただし、たとえ筋力が付いた頃とは言え、うつぶせ寝での窒息の可能性は0とは言い切れません。 ただし、仰向けからうつ伏せ、うつ伏せから仰向けへの寝返りができるようになったら、寝たい位置のままでOK」というように言われています。今回は、寝返りをする赤ちゃんが使う布団の選び方や赤ちゃんが布団からずれるときに使ったもの、寝返り期に気をつけたいことについて体験談を交えてお伝えします。冬の加湿器と布団の敷きっぱなしにご注意!